建築とアートで育てる

 

 
2015年から金城大学短期大学部の学生たちと石川高専・建築学科の学生たち(当時)の交流事業として、金城祭(学園祭)で子どもたち向けのワークショップを開催しましました。
 
幼児教育学科の森田ゆかり先生にお誘いいただいたもので、建築の工作的な部分と、幼児教育の知育や接し方の部分など、それぞれ得意な部分を活かしたワークショップを行っています。
 
毎年、内容は変えていて、2015年はスチレンボードで家形の容器を作り、そこに好きな設えを作るものにしています。
 

 
 


 
これは商店街で同じ内容のワークショップを行った際に作った強化ダンボールの遊具です。
ワークショップには兄弟で来ることもあります。今回のワークショップはある程度工作ができる3年生以上に年齢対象を設定したので、それより小さい子は待っていないといけません。その小さい子たちが退屈しないように遊具をデザインしました。
 

 

ワークショップメンバー

  • 金城大学短期大学部 幼児教育学科 森田ゆかり先生
  • 金城大学短期大学部 学生のみなさん

 

ワークショップ期間

  • 2015年〜2018年