卒業、おめでとう

2022年03月28日

卒業生からの花束のプレゼント

 

先週の23日に、大学の卒業式がありました。
 
西本研究室からは大学院2年生の梅田さん、桜井さん、山口さん、そして4年生の濱井さんが卒業します。
(その他の4年生は大学院に進学します)
 
梅田皓史さん(大学院卒)
学部の頃から真面目で頑張っている印象の学生でした。
僕の計画学の授業ではいつも熊元さんと一緒に前の方に座って話を聞いていましたね。
研究室のメンバーの中ではしっかり者のお兄さんという感じで、後輩によく慕われていました。
このコミュニケーション力の高さは抜群で、年配の方ともしっかりと話すことができるのはすごい長所だと思います。
一人で調査を行ってもらうことも多かったですが、安心して任せることができました。
アロマの研究は君でなければできなかったと思います。
先輩と一緒にコンペをしたり、設計事務所でのバイト、建築士の受験など、
いろいろなことに挑戦してきて着実に設計力が向上していったと思います。
これからも挑戦をし続け、自分の設計デザインを求めていってください。
 
桜井安積さん(大学院卒)
出会った頃はメンタルが若干弱くてすぐに弱音を吐いていたこともありますね。
後輩からいじられるようになってくるとキャラが確率されていてとても愛嬌のある人になっていきました。
設計では3年生のときに福井工大・福井高専との合同講評会で最優秀賞をとったときが一番思い出に残っているよ。
工学部100周年の課題の作品で、あの提案は実現したいくらい良かったですよ。
研究の相談に来た時は「どうすればよいですか?」と答えを求めることが多かったのですが、
次第に「こう考えたのですが合っていますか?」と相談に来るようになってきましたね。
思えば一番相談に来てくれたのは櫻井さんが一番多かったです。
そう言う意味では一番慕ってくれてたかもしれないですね。
社会でも自分で考えた発言は大切にされますのでしっかりと続けてくださいね。
 
山口仰さん(大学院卒)
愛くるしい笑顔が魅力な学生でした。
親しみやすい性格で後輩・先輩と仲良かったですね。
こどもの扱いに長けていてワークショップで君が参加してくれると安心できました。
とても絵が上手な学生で最優秀賞をとったコンペでは山口さんの画力がいかんなく発揮されていました。
36の動作のロゴや新しい園舎のサインなどもデザインしてくれて、
君がいることで研究室の提案の幅が増えて頼もしかったです。
ルーズなところもあったけど、周りに支えられながら成長していきましたね。
そんな人たちに囲まれているのも君の魅力の一つだと思います。
これからも笑顔を絶やさずに頑張ってください。
 
濱井亮輔さん(4年卒)
4年生の中では唯一の就職組で、西本研には1年間の在籍でした。
コロナ禍の影響もあって研究室の活動も限定されていたので、あまり研究室での思い出は作れませんでしたが、
学生たちの間では濃い一年間を過ごしていたみたいです。
設計の授業では君の作品はとても印象に残っています。
中でも2年生の美術館や3年生の小学校の課題はとても良かったですよ。
学年の中では早くからイラストレーターに取り組み、プレゼンの技術が向上していきました。
繊細なデザインというか、建築のもろさや儚さも感じられるようなデザインは君にしかできないと思います。
一方で話す方のプレゼンが苦手で発表の時は苦労していましたね。
社会人だと話す方のプレゼンの機会が多くなると思いますが、落ち着いて練習すればきっと大丈夫。
あと、お菓子のリアクションがとても良かったなぁ。笑。
 
西本研究室で頑張ってくれてありがとう。
新天地でも頑張ってください。。そしていつでも遊びに来てください。
 
最後に、指導の御礼にと櫻井さんがレゴの花束をプレゼントしてくれました。
レゴが大好きな櫻井さんの粋なプレゼントです! 

 


研究室の日常